【(一社)交通事故医療情報協会認定】‎交通事故治療のリハビリ、後遺症にお困りの方は、佐賀市のなかしま鍼灸整骨院にお任せください!

佐賀のなかしま鍼灸整骨院は交通事故治療専門院です!

交通事故での正しい知識があなたを守ります!

交通事故は突然にやってきます。もし不幸な交通事故に遭っても慌てないで簡単な交通事故の対処方法を知っておく事がとても大切です。

泣き寝入りをしないための基本的な知識を知っていて下さいm(__)m
この事故専用ホームページには詳しく書いていますので読んで下さい!

■対人事故を起こした場合は、すぐに119番に通報

人身事故を起こしたら最初にすべきことは負傷者を救護するです。

次に行動するのは直ぐに119 番に通報する。

ここまでは何とかできる人もいるが、つぎの対処としては二次被害を防ぐ意味で事故車両を道路の端に寄せ道路からの危険物の撤去をする。これは後続車が事故に巻き込まれないようにするためなので自動車学校で習われたと思います!

絶対にしてはいけないのが、負傷者を救護せずその場を逃げることだがこれは「ひき逃げ」なので救護義務違反( 道路交通法72条)になる。罰則としては違反点数 3点・免許取消・5年以下の懲役か又は50万円以下の罰金となるのだ。勿論場合によっては数年間運転免許が持てない状態となります。その前にけが人しっかりと手当する事が大切です。

人以外にぶつけた場合は物損事故となり、これももしその場から逃げた場合は当て逃げ(報告義務違反)となるので罰則が科せられることになります。
以前私の家で物損の当て逃げがありました。
後で当てた方が名乗ってきたので大丈夫でしたが常識としてまずは報告ですね。

ちなみに違反点数5点・3カ月以下の懲役・又は5万円以下の罰金だ。罰金云々はともかくひき逃げや当て逃げは絶対にしてはいけない。

■警察へ事故の届出を必ずする

次にすることは加害者は必ず警察に事故の連絡をし「人身事故」の届けをすることだ。

これをしないと「交通事故証明書」が発行できないとあと保険の支払い等に支障をきたすことになりますし、賠償金が支払われなくなり困るのは自分自身ということになるので、警察への事故届けは人身事故や物損事故に関係なく双方の届け出が必要だが特に加害者は報告の義務があるので注意しておくと良いでしょう。これに違反すると3カ月以下の懲役・又は5万円以下の罰金(道路交通法72条1項)となります。

■相手の連絡先を確認しておく

交通事故では必ず相手の情報を確認することだ。特に被害者になった時は忘れずに確認して下さい。

その際には最低限の確認事項として住所・名前・電話番号・免許証・車検証・名刺・相手が加入している保険会社は確認するようにすることが大事です。

さらにその場で確認できるなら加害者の勤務先と雇主の住所・氏名・連絡先も聞いておくと良い。仮に相手が無免許で自賠責保険や任意保険にもはいっていない場合もあるのでこれらの情報は必ずきちんと控えて置くとなおいいでしょう。

■目撃者の確保と事故直後の現場状況を記録に残す

交通事故は双方ですんないと話が進まない場合もあるので、争いになった際には証拠が必要となりますのでここはきちんとするべきです。

加害者側も時間が経てばいろいろ理由をつけ罪を軽くしようとする場合があるので、目撃者の確保は当然必要になります。

仮に目撃者がいたら名前と連絡先を聞いておき後で証人になって貰う確認をしておくと安心ですね。警察にも目撃者の連絡先を調書に書いてもらうと良いです。

最近はデジカメやスマートホンがあるので事故現場の保存を写真に撮っておくと良い。ドライブレコーダーをつけているクルマもあるだろうが、早めにデータを確認したほうが話がスムーズです。

事故状況の言い分で食い違うと過失割合が変わって揉める原因にもなるからだ。写真のとり方としては道路の状況写真・ブレーキ痕・車の破損程度・怪我の状態といったところです。人間の記憶は時間がたつと曖昧になるのでこれは察官に事故状況を詳しく説明する時にも役に立つことになるのです。

■保険会社に通知する

車の所有者の多くは任意保険に加入しているので事故が起きたら保険会社へ必ず通知して下さい。

仮にあなたが被害者である場合、被害者側からも加害者が加入する保険会社に連絡しても良いことになっていることを知っておくと良いです。

加害者が自分の加入する保険会社へ報告をしていないときなどは保険が使えないと面倒なことになるのでこのやり方は有効です。

場合によっては任意保険を入っていない方もいるのでその場合は自賠責保険のみの対応になります。

いずれにしろ事故が起きたら警察へ届出をしおくことで自動車安全運転センターから後日、交通事故証明書を発行してもらえるので相手方の保険を使うことができることになります。自分が加入する保険会社に連絡することも忘れないようにしておいて下さい。どこの保険会社でも事故受付は24時間対応になっている。

■医師の診断を受ける

そして、これは現場で行うことではないが、病院か整骨院の受診は必ず行うようにして下さい。自己当初は軽いと思ったケガでも後から後悔し重い怪我となっては大変な結果になり後日痛い思いをする方も少なくありません。

事故直後は自覚症状がでなくても後から出るケースもあるので必ず受診することを勧めます。自己判断はせず交通事故のケガは甘く見ないほうがいいですよ!

ここでの注意として必ず事故直後に診てもらうということだ。理由はケガの時間が経ってしまうと仮に体に異常があるとしても、事故による症状なのかどうかが分からない場合もあるので最悪の場合には交通事故との因果関係を認めてもらえない場合もあるからです。

そうなると絶対的に損保会社は認めてくれませんから事故が軽微でも当院や病院を受診して下さい。
それから通常は窓口負担がありませんがまれに病院などは相手方との連絡がうまくいかなくて損保会社からの連絡が遅くなり実費を取る病院もなるので必ず領収書は保管が必要です。

Related Posts

なかしま鍼灸整骨院 予約

なかしま鍼灸整骨院 LINE@

なかしま鍼灸整骨院 交通事故治療

一般社団法人 交通事故医療情報協会

今すぐ電話で予約する